現物提供と目録での提供がある二次会の景品

subpage01

二次会に向いている景品というのは、とてもたくさんの物がありますが、ある分け方をすると2つに分けることができます。その分け方というのが、現物での提供と目録での提供です。二次会では、場合によってはもらって困ることも出てきますが、この分け方をよく理解しておくことで、困らせずに済むようになることがあります。

例えば、大型の物を用意した場合、これが現物で提供されるとなると持ち帰るのが大変ですから、物自体は魅力的で、もらって嬉しくても、困ってしまう部分が出てきます。


しかし、目録タイプの景品になっていれば、持ち帰るのが簡単になりますから、負担がなくなります。

大型の物以外には、アイスクリームなどの冷凍保存が必要となる物も目録で提供されると持ち帰りやすくなります。

このように、二次会では目録タイプの景品をうまく利用することで、色々な物を用意しても迷惑がられることがなく、うまい具合に過ごせるようになるのです。
同じような考え方として、カタログギフトを二次会の景品にするという手もあります。

二次会の景品がさらに話題になりそうです。

結婚式などに出た時に、もらったことがあるという人もいるでしょうが、カタログギフトは結構ページ数の多い冊子ですが、持ち帰るのに苦労するというほどの大きさでも重さでもありません。

ですから、二次会の景品として選ぶのにも向いています。

カタログギフトをもらった場合、家に帰って何にしようかゆっくり考えることができて、この時間が結構楽しいものです。



そういった魅力も見逃せません。